「青い日々」

多幸感あふれる、幸せな生活

ワイングラスで飲む日本酒は、新しい幸せを教えてくれる

最近、日本酒をよく飲む。 以前は好きではなかった。 味も香りも含めて、単なるアルコールという感じ。 元々、お酒は強くない。 だから、たまに飲むと二日酔いになるのも嫌だった。 だから飲むのはもっぱらビール。 次第にワインやスパークリングワインが多…

内面は外見に現れる、変えられるのかそれとも受け入れるのか

会社に来ていく服を買いに行った。 すっかり暖かい季節になったから衣替えが必要だ。 なにより新しいジーンズ(デンハム)に似合う服を着たい。 キレイ目な感じで、紺色のカーディガン、白いTシャツ。 ワンポイントが入った紺のTシャツを買った。 本当は紺色…

自分が一番大事だもの、それを大切にしなきゃね

連休明けの会社、いつもの毎日が始まった。 当然ながらにやることたくさん。 そりゃそう、連休明けにぶん投げといた仕事がいっぱい。 忘れている内容もたくさん。 ひとつひとつ思い出しながら段取りを確認していく。 ああ、連休中、自分のことだけを考えてい…

DENHAM(デンハム)のジーンズを買いに渋谷へ行く

ジーンズを買った。 最近は会社にもジーンズをはいていく。 濃い色のジーンズだとキレイ目だし、セーターなどにもあう。 履いてるのはユニクロ、これがなかなかいい。 とはいえ、良い大人がユニクロを履いて会社に行くのもどうかとも思う。 別にいいっちゃい…

仕事の経験を自分のことに活かす、なぜそれをしようとしないのだろう

今日でGWも終わり。 長かったようで短かった10日間。 明日からまたいつもの毎日へと戻っていく。 GWが始まるといつものように焦りだす自分がいた。 何かしなきゃ、何か変えなきゃ。 そんなことを先日も書いた。 結局どうだったのか。 まあ、いつものGWだっ…

会社も自分も同じ、考えることを放棄しちゃいけない

最近は会社に行くのもすっかり私服。 三年くらい前、今時の施策としてオフィスカジュアルが導入された。 若い子は嬉しそうにおしゃれ、オッサンは変わらずスーツ。 しばらくはそんな感じ。 それでも時折、私服でやって来るオッサンの痛い姿が印象に残ってい…

いつもの一日をいつもの平凡な一日にしているのは自分だった

久しぶりのゴールデンウイークらしいGW、日本中がそんな感じだ。 テレビでは混雑する観光地や渋滞する道路が映し出されている。 我が家はどこにも行く予定がない。 そんなインドアの我が家をアウトドアな弟家族が誘ってくれた。 近所の公園でのピクニック、…

コメダ珈琲で思う無個性の個性化、商売上手ってこういうこと

コメダ珈琲に行った、初コメダ。 GW、家族で出かける行事もない。 一度行って見たかったコメダ珈琲に行こうと誘ってみた。 (しょぼい父親でごめんなさい) 到着したのは11:30、既に満員だ。 愛層のいい店員さんがてきぱきと働いている。 10分ほど待って席へ…

運が良いとか悪いとか、決めてるのは自分自身

最近、ドライブ中によくラジオを聞いている。 以前はお気に入りの曲を流し続けていたけど、意外と疲れる。 だからラジオ、今さらながらだけど意外といい感じ。 かつてメディアといえばテレビに新聞、そしてラジオ。 今はそれに加えてYoutubeやらtwitterやら…

美味しいものは、美味しく食べることで美味しくなる

水戸一泊旅行の二日目、この旅には目的があった。 鹿島スタジアム、一度行って見たいと思っていた。 ごひいきチームの横浜Fマリノス、初めてのアウェー観戦。 試合開始は15時、それまで何をしようか。 特に当てもなかったので、道の駅かつらという場所に向か…

ネモフィラを見て思う、僕はどんな僕になれるのだろう

何もしなきゃ何も変わらない。 最近そんなことをよく思う。 まるで思春期を迎えた中学生、いわゆる中二病。 そう僕は第二の青春を迎えたのかもしれない(前向き)。 いつも気がつくとぐーたらな休日を過ごしている。 ビールを飲む時間がやってくるのをひたす…

何かを成し得るGWなのか、いつものように何も変わらないGWなのか?

ゴールデンウイークがやって来た。 人生何回目のGWだろう。 あれをやろう、これもやろう。 そんな期待で僕の妄想は膨らみ続ける。 これだけの連休があればなんだってできる。 本を読み、勉強をして、知見を広げ、新しい人生を作り出す。 GW後には仕事だって…

感情

スノーボード、平野歩夢さんが金メダルを獲得した。 スタートを切るその瞬間、テレビはサブチャンネルの切り替え画面に。巷でも話題のようだ、ご多分に漏れず我が家も一緒。なんとか切り替えた時はすでに遅し、世紀の瞬間を見逃した。一緒に見ていた妻もおか…

暇つぶしの人生

最近、酒の量が増えている。 遅くとも夕方の6時には仕事を終える。テレワークが日常となったから、1時間半の通勤タイムが不要になった。夕食までの一時間、ひとり気ままに酒を飲む。 まずはビール。つまみは冷凍の枝豆をレンジでチンしたもの。足りなければ…

自分勝手

先月、久しぶりに雪が降った。やはり東京で降る雪は珍しい。しばらくの間、窓の外を見続けてしまった。まあ、僕が暇なだけのこと。 雪だけじゃなくて、雨の日もずっと外を見続けてしまう。何が面白いのかって?いやいや、こんな面白いことないと思う。空から…

得意なこと

僕の得意なことは何だろう。そんなことを考えてみたけれど、これといって思い浮かばない。 どちらかというとダメな自分、そんな自分ならいくらでも浮かんでくる。 自分勝手飽きっぽいぐうたら自意識過剰人見知り やめよう。朝から気が滅入る。 でもこんな僕…

人生は難しい

僕は飛行機がキライだ、正確に言うと嫌いだった。狭い空間に閉じ込められているのがとにかく苦手だった。それなのになぜか歳をとるごとにそんな恐怖心はなくなり、今では何の問題もない。窓の外から地上を見下ろし、ひとりはしゃいでいるくらい。こうして人…

祝・成人

今日は成人の日。晴れ着やスーツに身を纏った新成人の姿がニュースに映し出される。そんな姿を見て、自分にもそんな頃があったことを思い出す。なんてことはない。 僕は成人式に行かなかった。特段の理由があったわけではない。行っても良かったし、行かなく…

頑張ります

僕は見栄っ張りだ。 大学生の頃、友人誘われて代官山の美容院に行った。床屋でなく初めての美容院、前に倒れるのではなく後ろに寝転んで髪を洗ってもらえる美容院。住宅街の一角にある一軒家を改築したお洒落な美容院。もちろん、看板などない。芸能人も通う…

僕の心を震わせる何か

すっかり季節は秋、というか肌寒い日が続き、あの寒い冬に向かっている。 なんか寂しい、もの悲しい、そんなふうに感じてしまうおセンチな季節。なぜなのだろう? そう思って考えると、一番の理由は陽がドンドン短くなっていくことだと気づく。ついこの間ま…

騙されちゃいけない

自己啓発本、たくさんあるけど、どれだけ世の中の役に立っているのだろう。 とか言いながら、自分も何冊か読んだことがある。ふーん、なるほどなーとか思ったり、自分が思っていたことが書かれてあると妙に納得感を得られたりする。そんな人も多いのではない…

他人の目

整髪料をつけるのをやめて見た。 若いころから、ムースやジェルで髪を固めていることが常だった。くせ毛でまとまりにくい髪質だし、サラサラヘアでもない、何より目の前を髪がちらちらするのが嫌だった。もう何十年もそんな髪型で過ごしてきたわけだが、ふと…

あたらしい季節

なんか今年の夏は短かったような気がする。 暑い暑いと言っておきながら、気楽なものだけどそう思う。長梅雨だったから、暑くなったのは実質7月に入ってから。無茶苦茶、暑かったのはオリンピック期間中くらいだったのではないだろうか。一体なんだってこん…

隣の芝生は

どうにも頭がモヤッとしている。 これもあのワクチンのせい、いやコロナのせいだ。ワクチンを打ってからというもの、しばらくの間、何もする気が起きなかった。考え事をしようという気がしない。仕事も頭に入ってこない、こんな雑文ですら書く気にならない。…

まずは自分から

昨日、プレミアリーグのアーセナルに入団した冨安選手が活躍したらしい。そういえば、大谷選手も44号のホームランを打っていた、投手として10勝目はならなかったようだけど、相変わらずスゴイもんだ。 こんな日本人の活躍を見るたび、なぜだか誇らしい気持ち…

こりゃ大変だ

酷い目にあった。。。 何がって、コロナです。感染したのじゃありません。ワクチン、聞いてはいたけど副反応、こんなに酷いとは思わなかった。。。 金曜日の夕方、テレワークを一時中断して区役所の公会堂で二回目の接種。ファイザーのワクチン。一回目の時…

人生は続く

3月にフジテレビの「とくダネ!」が終了した。司会の小倉智昭さんは22年間もこの番組を続けていたらしい。 小倉さんは74歳、ということは52歳でこの番組をスタートさせたということだ。ふへー、すごいよね、まさにセカンドライフ、第二の人生がこの番組だっ…

寝る子は育つ

最近、良く寝る。寝ることが楽しい。 夕方、ビールを飲み始めると瞬く間に眠くなる。だから夜の9時には寝てしまう、起きるのは朝の6時だから9時間睡眠だ。これも他にすることがないからだ。 以前にも書いたが、僕は何もすることがない。最近、そんなこと…

人生のご褒美

セミが最後の力を振り絞って鳴いている。少しおセンチな秋の始まり。 セミは6~7年もの間、幼虫として地中で暮らす。成虫となり、僕らが普段見かけるセミの姿になって夏を謳歌する。その間、わずか一週間。 最近では一か月くらい生きるのではといわれている…

自然と生きる

蝉の声が日増しに小さくなっていく 暑い暑いと文句ばかり言ってた夏も、もうすぐ終わり。寒い寒い冬に向けて季節は舵を切る。思い返すと夏を迎える前に感じたあの高揚感が懐かしい。不思議なことに冬に同じような感覚を得ることはできない。 なんでだろ?や…