「青い日々」

多幸感あふれる、幸せな生活

スニーカーぶるーす ~僕たちはまだ青春知らずさ~

f:id:Blue-J:20200211152843j:plain

 

オフィスカジュアル、会社でこんな野暮な施策が始まったこともあり、最近はノーネクタイにジャケット、パンツのスタイルで通勤している。できるだけオシャレさんになりたいよねというのもあるし、いい大人なんだから接する相手に清潔感を持ってもらえるようにということで、SHIPSやらTomorrowLandやらで一式そろえた経緯は以前も書いた通り、まったくオジサン的な行動ですみません。

 

blue-jk.hatenablog.com

 

それでも、スーツにネクタイ一辺倒のスタイルから離れて過ごす日常はなかなかに快適です。シャツの上にセーターなんかも着れるし、パンツもちょっと厚手のウール素材のものも着れるので暖かい。なんか理屈にかなってるし、こちらのほうが正しいんじゃないだろうかと思ってしまいます。きっと夏になると、ポロシャツメインになるだろうから、汗だくだくのワイシャツ姿からも解放されるでしょう。

 

こんなオフィスカジュアルですが、一番喜んでるのはやっぱりねの若い人たち、嬉々としてラフな格好で会社に来る、それもパーカーだったりジーンズだったり、もうちょっと考えなさいよ、それでお客様に会えるのかい?なんて思ってしまうけど、それを言っちゃあおしまいよみたいな雰囲気が会社にある。

 

服装や時間に捉われない新しい働き方をなんていうんだけど、実際は若者の離職率を減らしたい、そんな思惑も会社にはある。だって、これからますます人口も減るし、労働力も減っていく、そんな中で優秀な人材を獲得していくためには、若者に媚を売るのも必要なんだってこと、まったく大変な時代だよね。だから昭和なおじさんたちは自分たちのアイデンティティが否定されるようでまったく受け入れられないわけです。

 

そんな背景はさておき、僕自身はさっきも言った通り効率的だし、気分もいいから、肯定的に楽しみたいと思っております。で、このあいだ新しいスニーカーを買ってみた。やっぱり大人だからカジュアル過ぎずに適度にオシャレ、ジャケパンスタイルに似合うのがいいな、そんな風に思ってあれやこれやと探してみた。

 

普段はいてるスニーカーはここ10年くらいずっと一緒、パトリックのIRISっていうシロカワのやつなんだけど、さすがに白はちょっとなーと思い、同じ型の黒にしようと思った。けどこれは、ソールも含めて真っ黒で革靴とあまり見分けがつかない。せっかく大人なスニーカースタイルを実践しようと思うのに、これじゃちょっとアピール不足だよな、そう思いいろんな店を回って決めたのがこれ。

 

f:id:Blue-J:20200211153448j:plain

 

ニューバランスの996、カッコいいでしょ。お店に買いに行ってあれやこれや履き比べてみたんだけど、ニューバランスだけでもいっぱいあるのね、迷っちゃいました。しかもこのクロカワの996、MadeInASIAとMadeInUSAの二種類があって、アメリカ製はアジア製の二倍の値段がするのです。ナンデヤネン、と関西出身でもないのに言ってしまいそうになりますが、店員さんによると、作りや素材が違うとか、細部のデザインが違うとか、耐久性がUSA物は三倍あるとか、あれやこれやのウンチクを披露いただきました。

 

なるほどなー、よくテレビでスニーカーを集めるのが趣味なんですとかいう芸能人が出てるけど、こういうことなんですね、マニアはこういうこだわりが大好物なんだろうなーと認識した次第です。おっさんで申し訳ありません。

 

だから買いましたよ、思い切ってUSA物を。だって比べてみるとやっぱりこっちのほうがよく見えるし、それにわかる人が見て、安いほうのニューバランスだって思われたくないじゃん。会社の若者にそんな風に思われても嫌だもん(案外というか、思いっきり見栄っ張りです)。そんなわけで購入に至りましたが、お値段なんと33000円!!。革靴より高いやんか!!!そう思ったけどしょうがない、お買い物とは満足感を買うんです。そう自分に言い聞かせながら、震える手で財布からカードを出し、自分を納得させる青い私なのでした。

 

そんなこんなで先週よりスニーカーを履いて通勤しています。みんなにカッコいいと褒めてほしいところですが、残念ながらあまり気づいてもらえません(ちょっと地味だったかしらん)。若者もいいですねとは言ってくれますが、あまりマニアはいないようです、USA物だと指摘してくれる人もおりません。ちょっと寂しいなと思っちゃいましたけど、それでも通勤の往復は大変楽ちん、気分もいいしサイコーです。駅へ向かう足取りもいつもよりも軽快で少し遠回りしちゃうくらいの毎日です。

 

ということで第二のスニーカーぶるーすの始まりです(古!)。baby、俺は青春知らずさーと口ずさみながら、足取り軽く過ごす青い日々は快適なのでした。それにしてもスニーカーぶるーすのブルースはなぜ、ひら仮名なのだろう?さすがのタカシ松本です。いまさらこんなことを思う青い日々なのでした。