「青い日々」

多幸感あふれる、幸せな生活

夢を見た、とてもとても幸せな夢を見た



夢を見た。

 

不思議な夢。

なぜか僕は泥棒で、

紙に包んだ札束を持って逃走中。

 

お巡りさんが追ってくる。

逃げなくちゃ、つかまっちゃダメだ。

札束が重くて持ちにくい。

 

タクシーに乗り込み行き先を告げる。

フィッツジェラルド空港まで行ってくれ。

一体どこだか自分でもわからない。

 

安心したのか、僕は眠ってしまう。

気がつくとタクシーは停まっていた。

空港じゃない、目の前には交番がある。

 

やられた、僕はタクシーを降り一目散に駆けだす。

お巡りさんが追ってくる。

札束が重いったらありゃしない。

 

もうダメか。

目の前に大勢の人たち、カメラ機材が並んでいる。

何かの撮影現場らしい。

 

僕はその中に札束を投げ込み、火をつけた。

みんなが驚く。

あたり一面大慌てだ。

 

その隙に僕は裏手のビルに逃げ込んだ。

外壁のパネルのようなものをつたって、屋上まで登る。

道を挟んだ向こうに空港が見える。

 

とてもあそこまでは行けない。

もはや札束もない。

ここまでか、そう思いながら遠くを見つめる。

 

そのビルは団地のようだった。

僕は団地の一室へと入りこむ。

そこには僕の家族がいた。

 

本当の家族ではない。

知らない人たちが5~6人。

でも僕の家族だった。

 

家の中には何もない。

なぜか僕の靴下が三足あり、

子供たちがそれで遊んでいる。

 

三足だからあと三日。

お父さんと一緒にいられるのはあと三日。

そんなことを言っている。

 

僕はなぜだか知らないけど、

そんな家族が無性に愛おしくて、

ずっと一緒に居たい、そう思った。

 

外から見つからないようにしなくちゃ。

夜は電気もつけずに息をひそめた。

みんなで身を寄せ合って寝た。

 

雑魚寝ってやつ。

みんなの寝息が聞こえてくる。

みんなの体温が伝わってくる。

 

僕は不思議な感情に包まれていた。

幸せだ。

こんな幸せを今まで感じたことがない。

 

僕の心はとてつもなく満たされていて、

真っ暗な部屋の中で妻に言った。

「なんか俺、幸せだよ。」

 

次の日、僕らはこっそり外に出た。

近くの土手の上をみんなで歩いた。

土手の下にはたくさんのバーベキューセットが並んでる。

 

大勢の人たちがバーベキューを楽しんでいた。

天気もいい、風も心地いい。

太陽の下、僕らも楽しくてしょうがない。

 

しばらく歩くと土手の端についた。

土手はここで終わりらしい。

僕は少し寂しくなる。

 

この幸せな時間がここで終わってしまう、そんな気がした。

家族の1人がこう言った、年配の男の人。

「夏休みも終わりだな。」

 

そうか夏休みだったのか。

同時に夏休みが幸せだったことを思い出した。

よく見ると、その年配の人は父だった、隣には母もいた。

 

ずっとこうしていたい。

このままでいたい、僕は願った。

そして父と母を抱き寄せた。

 

僕は幸せで、

とてつもなく幸せで

心から幸せを感じていた。

 

そんな夢

とてつもなく幸せな夢

そんな夢を見た。