「青い日々」

多幸感あふれる、幸せな生活

最新のiPhoneは最良のiPhoneなのか?

 

iPhoneXを使っている。

もう4年半くらい使っていることになる。

 

幸い、落として画面が割れたりすることもなく、

バッテリーが劣化して1日も持たないというようなこともない。

 

まだまだ十分使える、もちろん僕にとっての話。

 

それでも最新のiPhoneが発売されるたびに気にはなる。

正直欲しくなる。

だって、新しい何かを僕に与えてくれそうなんだもん。

 

もちろんそんなことはなくて、

単なる錯覚でしかないことも分かっている。

それでも何か変えてくれるのではないかと期待してしまう。

 

そんな思考で、僕らはついつい新製品にとびつく。

パソコン買ったり、カメラ買ったり。

結局、全然使いこなせない、もちろん僕にとっての話。

 

でも満足感はある。

使い倒す満足感ではなく、自分のものにしたことの満足感。

もちろん間違っていることも知っている。

 

そんな僕だが、新しいiPhoneには替える気がしない。

なぜだろう?

 

だってダサいんだもの。

あの巨大なカメラまわりのデザイン、あれはないよね。

 

そりゃ画質はいいのでしょうよ、でも所詮はスマホ

何ごともホドホドというものがあるはず。

 

なんかスマートじゃないし、洒落てない。

見るたびに思う、きっと慣れの問題なんだろうけど。

 

最新のポルシェは最良のポルシェ。

クルマの世界ではこんなことがよく言われる。

 

モデルチェンジするたび、前の方が良かったと言われ続けたポルシェ様。

性能とデザインでそんな声を黙らせ、最終的にこう言わしめた。

実際、最新のポルシェは最高にカッコいいと思う。

 

iPhoneもそうなってほしいな。

 

毎日使うものだもの、持つ喜びを与えてほしい。

満足感が得られるのであれば、ちょっとお高くてもいいと思う。

 

次のiPhoneはどんなデザインになるのだろう?

そんなことを思いながら、iPhoneXのケースを変えてみた。

 

ジャクソンポロック、結構いいでしょ?

当分はこれでいい、満足、満足。