「青い日々」

多幸感あふれる、幸せな生活

梅雨の季節に思う、雨って不思議



雨の日は嫌いではない。

 

一日中、雨が降り続く。

僕は家に守られて、家の中でぬくぬくと過ごす。

 

ヒンヤリとした空気感、窓を開けると雨のにおい。

思わずスパークリングワインの封を切ってしまう。

 

最高だ。

安全地帯から、奇跡の光景を観察する。

 

土砂降りの雨の中、あえてクルマで出かけるのも好きだ。

僕はクルマに守られながら、好きなところに行くことができる。

 

まるで移動映画館、僕は特等席に座っている。

車窓からは普段はお目にかかれないような世界が広がり続ける。

 

雨脚が弱まり、奇跡的に雲の切れ間から光が漏れる。

天国のよう、まだ行ったことはないけどそう思う。

 

雨の日がこんなに不思議で美しいってこと、みんな知らない。

気づかない、だから僕は気づきたい。

 

もしかしたら、

普段の光景にも気づいていないこと、たくさんあるのかもしれない。

 

当たり前だと思った瞬間、当たり前でない光景も当たり前になる。

僕らのいる世界は当たり前のようで当たり前ではないのに。

 

だから何も見逃したくない。

全てを感じて生きていきたい。

 

僕はこの世の景色をすべて見てみたい、感じてみたい。

特別なところでなくてもいい。

 

感じるか感じないかは自分次第だから。

自分が感じることが大事だから。

 

もうすぐ梅雨入り。

じめじめ、シトシト、外に出るのが億劫になる季節。

 

いやいや、そうじゃない。

また奇跡の光景が広がる季節がやってくるのだ。

 

外に出ようじゃないか。

あちこち行って見ようじゃないか。

 

知ること、感じることで僕らは成長できる。

それが人生ということじゃないかと思う。

 

そんなことを思った。