「青い日々」

多幸感あふれる、幸せな生活

僕らが旅に出る理由、を考えてみる



旅に出たい。

 

GWが終わったばかりだというのにそんなことを思う。

ここ2~3年、ひとりで泊りがけの旅行に行くようになった。

 

かつては考えられないこと。

ひとりなんて、手持ち無沙汰だし、なんか寂しい人みたい。

(否定はできないですけど)

 

それが、ひとりお気楽なドライブ旅行。

誰にも気遣わず、気遣われずの好き勝手な行程が心地よい。

 

僕も大人になったのだなー。

よくわからんけど。

 

それに旅行といっても名所史跡を巡るわけでもない。

美味しい地元名物を食べに行くわけでもない。

 

基本ドライブが主体だ。

お昼だって、コンビニのおにぎりで済ますこともある。

 

風光明媚な場所を訪れるのは好きだが、特段興味がなければ立ち寄らない。

クルマからの景色を堪能するだけ。

 

地元で有名な食事処も基本スルー。

ひとりじゃ落ち着かないし、並んだりも嫌だもんね。

 

お気楽、気ままにクルマを走らせ、気が向いたら立ちよる。

何時までにあの店に行かなきゃ混んでしまう、そんな時間に追われる旅はまっぴらだ。

 

何気なく立ち寄った場所の景色に感動したり。

地元の人が普通に生活している姿に思いを寄せたり。

その土地のにおいや空気感に何かを感じたり。

 

そんな一つ一つの時間がとても楽しい。

その場を感じながら、実は自分ことを考えていることも多い。

 

自分だけの時間。

そう考えると贅沢な時間だ。

 

そうでいながら、今度は誰かと一緒に来たいな。

この景色を見せたいな、そんなことも思う。

 

旅をするというのは、どこかを訪れることが目的ではない。

何かを感じる、自分ごととして考えることに目的がある。

 

自分を感じて、他人を感じて、人を思う。

そんな旅をたくさんしていきたい。

 

これまで訪れたところ、ガイドブックにも載ってないただの場所。

それでも何かを感じさせてくれた場所はたくさんあった。

 

お一人ドライブコース、こんなガイドはどこにも売ってない。

こんど自分で作ってみようかな。

 

どこかにそんなガイドがあればいいのだけどね。