「青い日々」

多幸感あふれる、幸せな生活

自分勝手

f:id:Blue-J:20220206102702j:plain



先月、久しぶりに雪が降った。
やはり東京で降る雪は珍しい。
しばらくの間、窓の外を見続けてしまった。
まあ、僕が暇なだけのこと。

 

雪だけじゃなくて、雨の日もずっと外を見続けてしまう。
何が面白いのかって?
いやいや、こんな面白いことないと思う。
空から水が降ってくる。
しかも、ドバっとじゃなくてサラサラとシトシトと。
よく出来たもの。
こんな不思議な光景、見逃しちゃいけない。
僕はいつもそんなことを考えている。

 

だからなのだろう、いつも大事なことに気がつかない。
自分のことばかり考えている、そんなことを人から言われる。
僕は自分が思ったこと、感じたことを考えているだけ。
それなのにみんなは僕のことを自分勝手と呼ぶ。

 

でもその通り、僕は自分勝手な人間。
だって自分は自分でしかないのだもの。
生きているのも自分でしかない。
ある意味自分勝手であることは当たり前。
人間の自然な姿だと思う。

 

かといって、みんながみんな、自分勝手では生きていけない。
だから、人を思いやり、みんなが一緒に生きていく社会が必要になる。
その中で、同じ価値観を持ち、社会の一員となることが求められる。
自分勝手ではいけない、子供の頃からそう教え込まれる。

 

いつしか人は、自分を思いやることより他人を思いやることを優先してしまう。
自分がそうであるように、相手も自分に対してそうであって欲しいと思ってしまう。
そんな自分は、自分が他人にどう思われているか、常に考えるようになる。
いつの間にか、自分の評価を相手に求めてしまう。
そんな自分は、そんな誰かの奴隷となってしまう。

 

まったく困ったもの。
自分勝手で自然な自分でいたい自分。
それじゃ生きられないから、相手を思いやる自分。
いつしか、自分も思いやられることを求める自分。
自分が大切だから、自分が一番でありたいと思う自分。
そんな自分の評価を求め、自分が自分でなくなる自分。

 

面白いね。
でもよくわかった。
結局すべて、自分勝手な自分が原因だということ。

 

僕らは自分勝手な生き物。
だから自分勝手でいればいい。
自分を思いやるのも、相手を思いやるのも、結局は自分のため。
全ては自分勝手な自分のため。
幸いなことにそれでも生きていける世の中に僕らはいる。
恵まれた世の中。
だったら、自分勝手な自分でいたいじゃないか。
誰にも属さない、誰のものでもない自分。

 

そのためにすべきこと。
自分で自分のことを考えること。
自分で自分を制御できること。
だから僕はこんな雑文を書いている。
そうしないと自分勝手な自分を忘れてしまいそうだから。

 

ああ、今日も楽しい一日だ。
青い空でも見ながら、ビールでも飲もう。
明日も楽しい一日がやってくるに違いない。
自分勝手な自分でいられることに乾杯だ。