「青い日々」

多幸感あふれる、幸せな生活

ワイングラスで飲む日本酒は、新しい幸せを教えてくれる



最近、日本酒をよく飲む。

 

以前は好きではなかった。

味も香りも含めて、単なるアルコールという感じ。

 

元々、お酒は強くない。

だから、たまに飲むと二日酔いになるのも嫌だった。

 

だから飲むのはもっぱらビール。

次第にワインやスパークリングワインが多くなっていった。

 

食事の時にもワインを飲むことが多い、赤ワイン。

でも、どうしても合わない食べ物がある。

 

お刺身や餃子なんかの時にそう思う。

そう思って日本酒を試してみた。

 

あら不思議、いけるじゃないの。

最近の日本酒はどれも美味しい。

 

昔よくあった、甘ったるいような独特のにおいがない。

透き通った美しさ、香りもすこぶる上品だ。

 

EXILEの人が出ている番組で、ワイングラスで飲むことを知った。

日本酒はおちょこでチビチビと飲むものだと思っていた。

 

ワイングラスに注がれた日本酒は、その透明感が一層引き立つ。

凛とした香り、それを鼻いっぱいに吸い込み、口の中で転がす。

 

旨いなー。

幸せだなー。

 

僕は食通ではないから、そんな感想しか出てこない。

でも最高だ、ワイングラスに注がれた日本酒が神々しく見える。

 

酒屋に行くと色んな種類の日本酒がある。

季節ごとに作られる生酒がある、特別感があって好きだ。

 

最近は週末になると、酒屋に赴き色んな酒を試してみる。

値段だってそんなには高くない。

 

お気に入りは山形の「山本」という酒。

いろんな種類があって楽しい、ネーミングも面白いものがある。

 

最近は若い人が色んな日本酒造りにチャレンジしているらしい。

既存概念にとらわれず取り組んでいるのだろう。

 

EXILE橘ケンチという人は福岡の酒造と一緒にコラボもしているらしい。

目の付け所もしゃれてるよね、ワイングラスで飲む姿も決まっていた。

 

日本酒自身のイノベーションも素晴らしいけど、

とっくりおちょこで飲むものという既成概念を打ち破ったことが素晴らしい。

 

他にもこういうことって、たくさんあるのだろうね。

当たり前を当たり前を思ってはいけない。

 

何事にも気づくことが大切だ。

そんな生き方をして生きたい。

 

クリエイターやアーティストでなくてもできるはず。

 

そんなことを思った。