「青い日々」

多幸感あふれる、幸せな生活

出会い

 

f:id:Blue-J:20210822171948p:plain



写真家の星野道夫さん。
僕にとっては作家のイメージの方が強い。
この人の書く文章は素敵だ。
自然を愛した人、その自然の息吹がそのまま文章となって表れているよう。
旅をする木」この本にはそんな星野さんの言葉というか感性が凝縮されている。
 


以前、星野さんが旅したアラスカを息子さんが訪れる番組を見た。
その中で、こんな星野さんの言葉が紹介されていた。
「短い一生で心惹かれることに多くは出会わない、もし見つけたら大切に、大切に。」

 

 
よく自分探しなんていうけど、探して見つかるものと見つからないものがあるのだと思う。
出会うか出会わないか、出会ったものに気づくかどうかではないだろうか。

 

 
たぶん、自分自身も様々なものに出会って今があるのだろう。
仕方なくやってきたものもあれば、ココロ躍らせて取り組んだものもあるはずだ。
後者の取り組みを大切にしてきたかと言えば自信がない。
まだ出会ってない、そんなことを思う自分もいる。

 

 
探しても見つからないのであれば、出会う時を大切にしたい。
ココロ躍る自分に気づくこと。
それが大事なことだと思う。

 

 
自分が何をしたいのかはわからなくてもいい。
自分が何をしているかに気づいていればいい。
そう思う。

 

 
人がしているから、あの人がそう言ったから、それが当たり前だから。
考えることを放棄してはいけないと思う。
感じることに敏感であらねばならないと思う。

 

 
いつでも気づける自分でいたい。
幾つになっても大事なことだと思う。

 

 
たまたま知った星野さんの著作、たまたま見た星野さんの番組。
これだって出会いだ。
こんな出会いが自分に何かを与えている。
そう考えると面白い。

 

 
ドラマチックでなくてもいい。
些細なことでもいい。
これからどんな出会いがあるのだろう。
楽しみでしょうがない。