「青い日々」

多幸感あふれる、幸せな生活

名前

 

f:id:Blue-J:20210822170545p:plain



ニュースで色んな人の名前が報じられる。
良いことをした人もいれば、悪いことをした人もいる。
芸能人や政治家、スポーツ選手なんかの有名人もいる。
 


当たり前のことだけど、みんないろんな名前をもっている。
その人が何者なのかを示す名前がある。
名前を付けた誰かがいる。
 


指名手配犯が捕まった、悪いことした人が捕まった、そんな時にも名前は報じられる。
この名前は悪いことした人の名前。
そんな風に扱われる。
 


そんなときに思う。
この名前を付けた人、どのような気持ちでこの名前をつけたのか。
どんな名前にも、その名前をつけた誰かの想いがある。
 


僕らはそんな事には思いも及ばず。
悪いことした人の名前、その名前に簡単にレッテルを貼ってしまう。
 


映画を見ていてよく思う。
出てきたばかりで、すぐ殺されちゃう人。
大勢の中の一人、何の印象もなく撃ち殺されちゃう人。
最後の最後、ヒーローに殺される悪役の人。
こんな人たちにも名前がある、名前を付けた誰かがいる。

 

 
この人たちにも人生がある、幸せがある、幸せを願った誰かがいる。
そんな簡単に、殺したり殺されたりしちゃいけないはず。
テレビゲームでも同じ。
 


殺さないと自分が殺される、そうかもしれない。
みんな、相手は自分の目に見えている相手だけだと思っている。
その相手の人生にはたくさんの人がいる。
そんな相手を殺すということは、そのたくさんの人を殺すということ。
 


だから映画でもゲームでも、そんな簡単に人を殺すことを考えてはいけない。
悪人だからって、相手の名前を簡単に扱ってはいけない。
そう思う。
 


こんな僕はおかしいのだろうか。
きっとおかしくない、ただ弱いだけだと思う。
戦争なんかが起きたら、僕は真っ先に殺されてしまうだろう。
 


でも、僕を殺すことはできない。
だって、僕には僕を作った、たくさんの人がいるのだから。
僕だけじゃない、相手も同じ。
 


そんな風にみんなが考えあう、想いあう、そんな世の中になるといい。
本気でそう思う。