「青い日々」

多幸感あふれる、幸せな生活

夕日のあたる家

 

f:id:Blue-J:20210822170144p:plain



アウトドアチェアとテーブルを買った。
コンパクトな奴だ、Amazonのタイムセールで安く売っていた。
 


昔はひと通りキャンプグッズを揃えた、チェアも家族分揃えたしテントも買った。
週末、公園に椅子をもって遊びに行ったりもした。
その頃に買ったチェアと比べると凄くコンパクト、小さいが座り心地はなかなかだ。
主にベランダで使っている。
 


これが意外といい。
夕方、洗濯ものを取り込んだ後は、この椅子に座りビールを飲む。
暑ければクーラーの効いた室内に逃げ込めばいいし、お代りもすぐに冷蔵庫に取りに行ける。
なにしろ、出かける必要がないからお気楽だ。
 


この椅子に座っていると、風がの心地よさを肌で感じることができる。
人目を気にする必要もない。
鳥のさえずりや草木が風で揺れる音が聞こえる。
眼下のプレイロットでは子供たちが遊んでいる。
 


夕方になると親子だろうか、高齢の母親を手助けしながら散歩する
ふたりを見かける、いつも同じ時間だ。
 


自然や人々の営みを感じることができる。
自分自身もそうだ。
テレワークで会社に行かない日は18時ごろにはこうして椅子に座る。
日没の19時までの一時間、まさにゴールデンタイムだ。
 


良くアメリカの映画で、自宅の玄関に置かれた椅子に座る老人の姿を見かける。
まさにあんな感じだ。
でも、理由があってこうやって座っていることが分かった。
感じてるのだ、人々や自然の息遣い、そして自分が生きていること。
そうやって感じることで自分の存在を確認しているのだと思う。

 

 
今日も一日無事暮らすことができた。
地球も、自然も一緒に過ごすことができた。
それを感じながら一日を終え、また新たな明日を迎える準備をする。

 
ただの暇な老人、そう思っていた自分が恥ずかしい。
でもはたから見ると自分もそう思われているのだろう。
まあいいじゃないか、こうして成長(?)するのだ。
 


朝から晩まで忙しくすることばかりが、充実した生活ではないのだ。
そんなことを感じる一日。
あー、ビールが旨い。