「青い日々」

多幸感あふれる、幸せな生活

言葉

 

f:id:Blue-J:20210828170714p:plain



まだ若いから。
ずっと昔からこんな言い方をされてきた。

 


テストでいい点が取れなかったとき。
希望した会社に入れなかったとき。
彼女に振られたとき。
お金が無くて欲しいクルマが買えなかったとき。
病気になった時。

 

 
いったい、僕はいつまで若いのだろう。

 

 
まだ若いから。
これって慰めの言葉。
僕は単純だから、そう思わなかった。

 

 
まだ若くていいね。
年長者から言われることがある。
他に褒めることがないから。
僕は単純だから、そう思わなかった。

 

 
落ち着いている。
そんなふうにもよく言われる。
見かけが若々しくない、そういうことを言っている。
僕は単純だから、そう思わかった。

 

 
人から言われたことを真に受ける。
人を無条件で信用する。
まあ、そういうこと。

 

 
僕はもう若くはない、それは自分自身が知っている。
実際に若くない。

 

 
まだ若いから。
僕は、この言葉を人に対して使わない。
歳をとれば解決する。
そんなことばかりではない。
そんなことはあり得ない。
若さは永遠ではない。

 

 
相手のためを思う言葉はしっかり選んで伝えたい。
いい加減な言葉で、誤魔化すようなことはしたくない。
相手を誤魔化す言葉は、自分を誤魔化すことと同じ。
そう思う。