「青い日々」

多幸感あふれる、幸せな生活

サーフェスかMacBookか、はたまたiPadか 〜尽きない悩み〜

f:id:Blue-J:20191021202027p:plain

 

いま、僕は「MacBookAir」でのこの文章を書いているんだけどこのマシンは2011年モデル、なのでかなりの長持ちさんだと思う。もうメジャーOSのアップグレードにも対応しなくなっちゃった。でもね、全然壊れないんだよね、使っててまったく問題なし、最近のAppleさんはたいしたものです。

 

 でもなんというか、そろそろ新しいマシンがほしいなーなんて気持ちも湧いてくる。充電が全然長持ちしないし、今年から自治会の役員になったんだけどやっぱりofficeソフトが入っていないと不都合だよな、とかとか。そこで次期マシンについて考えてみた。

 

 いまのMacで何してるかというと、こうして文章書いたり、インターネット見たり、たまにメール見たり、その程度(それしか使ってないなら、なんでもいいんじゃない、なんて言わないでね)。

 

 それでも、パソコンって何でもできるというか、何かができる未来の可能性を僕に与えてくれるような気がしてしまう、そんな所有欲をくすぐってくれるようなマシンがいい(パソコンなんてただの道具で、それをどう使うか、使いこなせるのかは自分次第、なんて言わないでね。夢が見たいの、I am a daydream believer)。

 

まず、目についたのがMicrosoftSurface、かっこいいよね、いつからMicrosoftってパソコン屋さんになったんだろう、でもこのSurfaceProのギミックいいよね、カッチョイイ、なんてったってキーボードカバーの色が選べるのがおっしゃれさん。僕だったらやっぱりシルバーのボディとコバルトブルーのキーボードカバーかな。最近はブラックの本体も出たらしいからそれもいいかもね。officeソフトも入ってる。

 

 でもこのカバーの素材、アルカンターラって僕的にはイマイチだな。これって昔、クルマの内装で一時期流行ったやつだよね。それからキーボードが浮いてるのもイマイチな感じがします。かといって普通のノートタイプのLaptopはあまりにフツー、これならSurfaceじゃなくていいもんね。

 

 SurfaceGoっていうのもあるね、チッチャなSurface、これもなかなかいいじゃんというか所有欲がわきます。これ持ってどこでも出歩いて、いつでも文章書いたり(しないけど)、なんかカッコいい生活を想像させます。でもメインマシンじゃないよなー、実際は使いにくいのかなー、どうなんだろうなー。

 

 本命はAppleMacBook、安定のMacBook、僕はAirでもProでも無印でも何でもいい、そんなに性能いらないし、カッコが大事。今は色もシルバーだけじゃないのね、スペースグレイにゴールドとiPadみたい。やっぱりノートブックの美しさとしてはピカイチだね、でもなー、なんというか変わり映えしなんだよね。新鮮味がない(ってAppleさんも僕に言われたくないでしょうが)。

 

 と思ってふと目に入ったのが、おなじみiPad、しかもキーボード付き。なにこれ、なんか素敵じゃん。もしかして、僕の使いみちだったらこれで十分なんじゃない?タイピングの感じも意外にいけてます。しかも、このキーボードスマートキーボードと言うんだけど、これまでProとAirにしか対応してなかったんだけど。無印Ipadにも対応したらしい。無印Ipadって34,800円、容量は32GBしかないけど、今はクラウドで何でも処理する時代だから問題ないもんね。うーんいいな、いいねー、うちにもiPadあるけど古いモデルなので(なんと2世代目です、長持ちー)、今はトイレ専用マシンとなってる、こいつの代替としていいんじゃないかしらん。MacBookAirは今時点で問題になってないんだから使えるまで使えばいいんだし。

 

 なんてことをいろいろ考えた。こうやってアレヤコレヤ考えるのって楽しいよね、なんとも至福なお多幸の時間です(再掲→パソコンなんてただの道具で、それをどう使うか、使いこなせるのかは自分次第、なんて言わないでね。夢が見たいの、I am a daydream believer)。

 

 ところでビックリしたのがこのiPadのスマートキーボード、なんとお値段17,800円也、お高いいー。さすがAppleさんやるよねー、でもサードバーティものや外付けとは違う満足感があるんだろうなー。とかなんとか考えに考えたんだけど、決定には至らない、優柔不断といわないで、この時間が幸せなの、わかるでしょ、ということで、もうちょっと考えようっと、to be continuedの青い日々なのでした。

 

 

 「恐竜のマフラー」

 

 僕の目の前には

 恐竜のペン立てがあって

 

 その恐竜は

 なぜだかマフラーを巻いていて

 

 そうか氷河期

 絶滅しないように

 

 暖かく

 生き延びられるように

 

 そんな恐竜は

 今はどこにもいないけど

 

 まったく違う僕らがいて

 いつまでいるかはわからないけど

 

 マフラー

 巻いてよう

 

 寒さに耐えられるように

 身体もこころも

 

 温まり

 いい夢を見よう

 

 僕らは恐竜

 いつか来た恐竜