「青い日々」

多幸感あふれる、幸せな生活

マスコミは変わらないなー、なんでだろ?

 

ワールドカップ、日本代表の活躍で盛り上がっている

 

僕自身は日本代表にはあまり興味がない

だって横浜F・マリノスの方が見ていて面白いんだもの

 

それでも日本が勝つと嬉しい

日本の選手が活躍すると喜んで応援している自分がいる

 

それはそれでいいんだけど

テレビのニュース、そればっか

 

日本スゴイ、森安監督スゴイ

堂安選手のエピソード、家族の話、恩師の話

前回大会落選のリベンジ、努力の成果、感動の物語

 

ええーい、いい加減にせい!

何でこんなにも、いままでと同じ

決められて文脈でしか物事を報じられないのか

いい加減に頭にくる

 

そんなことを思いながらテレビを消す

そして家族に嫌がられる

 

僕らは洗脳されている

間違いなく、マスコミにいいように操られている

 

おかしい、これじゃいけない

だってマスコミが報じることはマスコミの考えだもの

 

僕らは事実だけを知ればいい

そして自分の頭で考えればいい

 

そりゃ選手の知られざるエピソードも知りたいだろう

でも試合を自分の目で見て純粋に楽しめばいい

 

そこに、こう感じなければいけないなんていらない

信じろとか、祈れなんて言われたくない

自分のことは自分で考える

 

それを促すのが正しいマスコミの姿だと思う

 

負けた国が悔しがる様子、日本への賛辞

本当にそうなのだろうか?

ちゃんと客観的に取材しているのだろうか?

 

勝ったことは素晴らしい

だけどあのサッカーはそこまで素晴らしいのか

そこまで誇れる内容なのか

 

真実が知りたい

僕らは真実を知る、感じる努力をしなければいけない

 

どうして選手はインタビューで、「国民」のみなさまへ

みたいなこと言うのだろうか

大本営発表と一緒じゃないか

 

時代は変われど変わらない

だからこの現代でもあんな戦争が起きている

 

そろそろ僕らは学ばなければいけない

一皮むけなければいけない

 

だからマスコミも変わってほしい

本当にそう思う