「青い日々」

多幸感あふれる、幸せな生活

こりゃ大変だ

f:id:Blue-J:20210911165028p:plain



酷い目にあった。。。

 


何がって、コロナです。
感染したのじゃありません。
ワクチン、聞いてはいたけど副反応、こんなに酷いとは思わなかった。。。

 


金曜日の夕方、テレワークを一時中断して区役所の公会堂で二回目の接種。
ファイザーのワクチン。
一回目の時はワクチンを打った方の腕が翌日あがらなかったくらい。
だから二回目もたいしたことはないだろうと思っていた。

 


それがそれが、その日の夜、どうにもこうにも何か変な感じ。
明け方には変な夢まで見てしまい、これって風邪の時と同じ症状。
そう思い、朝起きて熱を測ると38.3度。
キター!そう思い、すぐに解熱剤を飲みました。
するとあっと言う間に熱は下がり37.3度、いたって普通の状況に。
そのまま午前中は普通に家で仕事。
やっぱり熱は出るんだなー、そんな印象。

 


それが。。。昼を過ぎるとなぜか悪寒が走り出し、熱を測ると39度。
これはいかんと思い、再び解熱剤を飲むのですが、今回は効かない。
熱は38度台前半のまま、ほぼ一日中寝込み、今朝何とか熱が下がった次第。
いまでも頭が何かモヤッとしてるし体の節々が痛い。

 


いやー、こんなふうになるとは思わなかった。
本当にワクチン大丈夫なんでしょうか、毒を打たれたとしか思えません。
本当に実は毒なんじゃないだろうか?

 


そもそも予防接種って、小学生の時からしたことない、実はインフルエンザも罹ったことが無い。
だからコロナも大丈夫と勝手に思っていたのですが(こういうのが一番危ないのでしょうね)、コロナにかかる前にワクチンでこんなに苦しむとは思わなかった。
なんかもう、コロナに感染してしまったような気分です。

 


しかし、身体にこれだけの負担をかけて免疫を作り出すのですから、コロナがどれだけ強力な奴かわかるような気がします。
それにしても、このワクチン、僕の体に投入されて、いったいどこでどんなことが起きているのでしょうか。
色んなことをしているから、これだけの拒否反応が起きるのでしょう。

 


ワクチンは安全です、そんなイメージ広告ばっかりやっているけど、どうして安全なのか、
どういうものでどのような作用をするものなのか、もっとキチンと説明してほしいよね。
そういう科学的な説明がないから、ワクチンやばいのじゃないか説が出るのだろうし、信じる人も出てくるのだと思う。

 


それにしてもこのワクチン、三回目を打つ必要があるとか、今後は定期的に打ち続ける必要があるとか言われるけど、正直、僕はちょっとと思っちゃったな。

 


こんなワクチンを全人類が必要とする時代が来てしまったとは、いつ何が起こってもおかしくないよ。
こりゃ大変だ。

 


自分ごとになって初めて大変さを知るわけです。
結局、自分ごとにならなきゃ大変さを理解できないということでもあるんだよね。
もっと想像力を働かさなきゃね。

 


まずはビール飲んで頭をすっきりさせましょう。
昨日は何か月ぶりかに飲まない一日だったのだもの。