「青い日々」

多幸感あふれる、幸せな生活

自然と生きる

f:id:Blue-J:20210905170918p:plain



蝉の声が日増しに小さくなっていく

 


暑い暑いと文句ばかり言ってた夏も、もうすぐ終わり。
寒い寒い冬に向けて季節は舵を切る。
思い返すと夏を迎える前に感じたあの高揚感が懐かしい。
不思議なことに冬に同じような感覚を得ることはできない。

 


なんでだろ?
やっぱり冬は耐える季節なのだろうか。
植物も葉を落とすし、冬眠してしまう動物だっている。
僕らだって、同じように家に閉じこもってじっとしていればいいのだ。
春になり再び温かさが訪れるまで、じっと体を休める。
そんな時期があってもいい、それが冬なのではないだろうか。

 


それなのに僕らは年がら年中、同じことを繰り返している。
年がら年中、忙しい忙しいと言っている。

 


そんなにせわしなく、いったい何をしてるっていうのだろう。
まるで忙しいこと自体に価値があるよう。
スケジュールが埋まっていないと気が休まらない。
会社に行くことが自分の責任、そんな人が今でもいる。

 


もっとおおらかに、もっと柔軟に考えられやしませんかね。
そのために必要なこと。
それは自然に寄り添うこと。
もっと自然を感じてみることだと思います。

 


僕らは季節や自然を無視し過ぎている。
もっと、地球の鼓動に耳を傾けてみたほうがいい。
自然に合わせて、季節を感じながら休む時は休む、活動するときは活動する。
それが本来の生き物の姿。

 


そんなことを感じて見たほうがいい。
自然にしっぺ返しされる前に気づいた方がいい。
もうされているかもしれないけど。
そう思います。

 


自然というのは僕らも含めて自然なのだと思います。