「青い日々」

多幸感あふれる、幸せな生活

枝豆デビュー

f:id:Blue-J:20210905170525p:plain



料理ができない。

 


出来ないどころか、リンゴの皮をむくこともできない。
何もしない、ただ食べるだけ。
今どき、こんな奴はいつ三下り半を突き付けられてもおかしくない。
そう思う。

 


先日、スーパーで買った枝豆を自分で茹でて見た。
初めての経験。
バカにしていただいて大いに結構。
僕にしてみれば大きな一歩。
それくらいの出来事。

 


袋から取り出した枝豆を水で洗い流し、ボールにいれる。
枝豆の端をカットすると、味が染みて美味しくなるらしいが面倒なのでしない。
枝豆にたっぷりの塩をかけて揉む、何かおかしい。

 


どうやら塩と砂糖を間違えたらしい。
自分の迂闊さに唖然としながら、もう一度、水で洗い流す。
気がついてよかった、自分で自分を褒める。

 


沸騰した鍋のお湯に大量の塩を入れる。今度は間違えない。
そこに枝豆を投入して5分、完成だ。
ざるにあけて、湯切りをして、塩をかける。今度も間違えない。

 


茹でたての枝豆を皿に盛り、ベランダに持ち運ぶ。
アウトドアチェアに座り、キンキンに冷えたビールを開ける。
出来立ての枝豆を口に入れる。
クゥー、旨い・・・。最高じゃないか。
グラスに注いだビール、一気に飲み干す。
幸せだ。

 


こんな簡単なんこと、なぜ今までしてこなかったのだろう。
セブンイレブンの枝豆や、イオンで売っている冷凍の枝豆をレンジでチンして食べていた。
それはそれでいいのだが、茹でたてにはかなわない。

 


今日も暑い一日だった、ご苦労様。
そんなことを言いながらビールを飲む。

 


二年間単身赴任をしたことがあった。
新築で入ったマンションには、当たり前だが新品のガスレンジがセットされていた。
僕は一度も火をつけることなく、新品のまま、その部屋を退去した。

 


失われた時間は帰ってこない。
何ごとも経験。
これからの時間だけを考えればいい。
幸せな時間が待っている。
小さな一歩は大きな一歩、小さすぎる一歩で申し訳ない。