「青い日々」

多幸感あふれる、幸せな生活

マリノスのサッカーが好き、改めて気づくJ開幕戦

f:id:Blue-J:20210227145952p:plain

 


Jリーグが開幕した。

 

開幕戦は金曜日、通称「金J」、昨年度のチャンピオンチーム川崎と、一昨年度のチャンピオンチーム我らが横浜Fマリノスとの神奈川ダービーだ。

 

いやー、待ちに待った開幕戦、もう本当楽しみでした。数日前から、ずっとワクワクしてました。

 

結果は残念ながら2-0で完敗、まあそれはどうでもいいんだけど(負け惜しみです、もちろんどうでもいいなんてことはありません)、見ていて面白い試合だった。

 

詳しいことはよくわからないのだけど、前半はマリノスが今年から採用した新布陣がまったく機能せずに、やられまくっておりました。

 

でもね、何か見ていて面白かった、なんか新しいことにチャレンジしようとしている人たちを見るのは楽しい、それがマリノスですもの尚更です。

 

それに相手が昨年のチャンピオンチーム、完成されたチームと誉れ高い川崎相手に、それを実践する志の高さが誇らしいです。

 

普通だったら、強豪相手に戦い方を対策するはずなのです、それなのに、それよりも自分たちの新しい戦い方への挑戦を優先させたのだもの素晴らしいよ、本当そう思います。

 

それでも前半やられすぎてしまいましたので、後半は選手も変えてやり方も変えてきました、一見、これまでの陣形に戻したように見えますが、やっぱり違うのです。

 

右サイドの仲川を左に、そして右には水沼を。

 

そしてこれまで左サイドに固執してきた前田を真ん中に置き、そのちょっと後ろにオナイウを配置したように見えます。

 

これがこれが、アグレッシブなマリノスのサッカーを復活させたのです、後半は明らかに川崎を圧倒していました。

 

残念ながら、点は入らなかったけど、やっぱりこれですよ、見ていて楽しいサッカー、こういうサッカーじゃなきゃ見る気にならないもん。

 

だから、マリノスのサッカーは見るけど、他のチームの試合はあまり見る気にならないんだね。その理由が昨日の試合、前後半の変遷を見ていて改めて自分自身、理解できました。

 

前半試した形に失敗したから、去年の形に戻しただけじゃん、みたいな言われ方もしているようですが、僕はそうは思いません。特に後半の姿は昨年のマリノスをスケールアップしていたように感じたからです。

 

これで前半の新しい取り組みまで形になってきたら、どんなマリノスのサッカーが見れるのかしらん。モー楽しみしかないぜ!

 

試合後、川崎の選手もイマイチ喜んでいないように私には見えました。シミッチ選手とか特にね、なんか得体の知れないものを感じたんじゃないかしらんと、勝手に思う私です(思うのは、自由だもんいいじゃんね)

 

ということで、ビバJリーグ! ビバマリノス

 

早く暖かい太陽の下、スタンドでビール飲みながら試合を見たいなー!もうすぐ春がやってくる、今年もWe Trust Bossなマリノスをみることができる幸せをかみしめたいと思いまーす。