「青い日々」

多幸感あふれる、幸せな生活

ピンチはチャンス、今ここにイノベーションの芽はある

 

リモートワークの日々、朝昼晩と三食、家で食事をとることが多くなりました。きっと家人は良く思ってないんだろうなー。

 

ということもあり、最近、朝食と昼食は自分で用意することにしております(当たり前でしょと言わないで)。

 

飲食店は徒歩で10分超かかるので面倒、なので大概は家で済ませます。自然と、お昼はインスタントラーメンなんかの麺もの、そんな感じが増えています。

 

そんな中、最近は冷凍食品を買ってきて良く食べるようになりました。

 

なんか冷凍食品って、全般的にいいイメージがなかったんですよねー。だから、もっぱらインスタントラーメンは、袋めんのサッポロ一番「塩ラーメン」派でした。

 

なんですけど、最近色んな冷凍食品を買って食べてみると、意外や意外、結構いけるんです。

 

やっぱり冷凍の技術が上がってるんですかね、ちゃんぽんやらお蕎麦なんかも具材も含めて美味しくいただけます。

 

なので毎週末、スーパーへ冷凍食品買い出しに行くのも楽しくなってきた、おっ、山梨名物のほうとうなんかもあるのか、よーし買ってみよう、そんな感じ。

 

そんな中でも最近のお気に入りはこちら。

ケンミン焼ビーフン200g

誰もが一度は聞いたことがある「ケンミンの焼きビーフン」、これ美味しいんだよねー、それになんかヘルシーだし。足りなければ、ちょっとご飯をつけ足してもいい。

 

内袋ごとお皿にのっけてレンジでチンするだけ。簡単なのも素晴らしい。

 

今はねー、飲食店も営業自粛短縮で大変なことになってるけど、テイクアウトだけじゃなくて、冷凍技術を使って、家で美味しく食べられるものも今後増えてくるんじゃないのかしらん。

 

どんな業界もピンチをチャンスに変えられるかどうかなんだよね。このピンチをどんなチャンスに変えて、食べ物のイノベーションを実現してくれるのか。

 

お気楽で申し訳ありませんが、いち消費者として楽しみにしていまーす。だから飲食業界のみなさまも頑張りましょーね。