「青い日々」

多幸感あふれる、幸せな生活

僕らは子供が育てられるような立派な大人になれたのかなあ

大人, カップル, 徒歩, ブーツ, 田舎, 女の子, 草, レジャー, ライフスタイル, 男, アウトドア

 

岡村靖幸さん、通称岡村ちゃんは、こう歌いました「ねえ、僕らは子供が育てられるような立派な大人になれるのかなあ」。

 

何気ない歌のフレーズ、ずっとココロのどこかに引っかかってることってありますよね。

 

僕はこの歌の歌詞、というかセリフなんですけど、ずーっとココロに残ってました。若いころ、この歌詞を聴いて、漠然と同じように思ったことを覚えています。

 

それから時は流れ、僕は立派なおっさんとなり、子供も生まれ育ててまいりました。

 

それでもなぜか、この歌詞を口ずさむ時があるのです。僕は立派な大人になったんだろうか、ちゃんと立派な大人として子供を育てることができたんだろうか、そんなことを思います。

 

親戚のおじさんやおばさん、僕が子供のころに接した大人はみんな立派な大人でした。

 

真面目で、一生懸命で、さぼることなく働いて、自分が思ったことを堂々と口にして、気に食わないことがあれば怒鳴り、時にに感情的に、時に理性的に、そしてとても温かく、笑いながら、いつも優しく僕に接してくれました。

 

どう考えても、僕はそんな立派な大人になんかなれていない、そう思います。

 

仕事だって嫌いだし、常に楽すること考えてるし、家ではだらしなく寝っ転がり、マンガだって読むし、面倒くさがりだし、決断力も判断力も自分ひとりじゃなかなか決められない、そんな子供のまま、見かけだけおっさんになってしまった大人、それが僕なんです。

 

それなのに子供にエラそうな態度で接したり、大人のふりしてウンチク語ったり、どう考えたって、子供が育てられるような立派な大人なんかじゃない、ホントそう思います。

 

でも、もしかしたら。

 

あの立派なおじさんやおばさんたちも、もしかしたら、こんなだったのかもしれない。でも弱さを見せない、決して見せない、そんな強さが必要とされた時代だったのかもしれない。そんなことを思います。

 

いや、たぶん間違ってるね。

 

だって、あの立派なおじさんやおばさんたちは、今だって立派な大人だもん、もう居なくなっちゃったおじさんやおばさんたちだって、ずっと立派な大人だった。

 

だから、今からでも遅くないんじゃないか。まだ間に合うんじゃないか。子供が育てられるような立派な大人になりたい、そんなことを本気で思う、おっさんなりの今日この頃なのでした。

 

https://cdn.pixabay.com/photo/2018/04/27/08/55/water-3354062_1280.jpg