「青い日々」

多幸感あふれる、幸せな生活

DENHAM(デンハム)のジーンズを買いに渋谷へ行く

 


ジーンズを買った。

 

最近は会社にもジーンズをはいていく。

濃い色のジーンズだとキレイ目だし、セーターなどにもあう。

 

履いてるのはユニクロ、これがなかなかいい。

とはいえ、良い大人がユニクロを履いて会社に行くのもどうかとも思う。

別にいいっちゃいいんだろうけど、気になる(小心者の私)。

 

そこでちょっとよさげなジーンズを買いに行く。

リーバイスなどのジーンズメーカーではなく、セレクトショップで探してみる。

 

みんな驚くほど高い。2~3万円するのだ。

ユニクロなんて3千。。。いかんいかん、そういうことではないのだ。

 

何本か試着してみるが、どうもしっくりこない。

イタリア製の生地です、こだわりの縫製です、いろいろ言われるがなんとも。

 

家に帰りネットでもいろいろ探してみる。

段々、頭がマヒしてくる、3万円くらいでもいいか、どうにも影響されやすい私。

 

気になったのがデンハムというメーカーのジーンズ。

オランダ製らしい、オシャレー。

 

気になると、気になってしょうがないのが私の性分。

その日は土曜日、18時から食事の予定。今はまだ15時、よし出掛けよう。

 

普段は出不精なのに体にムチ打って出かける。

目的地は渋谷のパルコ、何十年振りだろうか。

 

緊張しながら、人でごった返すスクランブル交差点を渡る。

目的地につく、店員のお姉さんにスマホで目的のジーンズを見せる。

 

これは店頭に出してないんですよ、そんなこと言って店の奥に取りに行く。

試着させてもらうと何ともいい感じ、しっくりくる。

 

お似合いですよー、美人のお姉さんが後押ししてくれる。

即座に購入、その間15分程度のいいお客。お値段3万3千円。

 

こんな高いジーンズ買ったの初めて。

けどこのお店の売れ筋は5万円くらいするものらしい。

 

若い子がこんな高価なジーンズ何で買えるのだろう。

デニムは履くほど味が出てきますからねー、お姉さんがほほ笑む。

 

ということで、無事に満足感を購入完了。

あー楽し。

 

これで麻のシャツでも着て、さっそうと街を歩こうじゃないか。

これまた何十年振りかにスペイン坂を下る。

 

その横にはPCR検査場がある。

街の風景は変わらないようで変わっていく。

 

自分も変わらなきゃな。

少し緊張しながら渋谷の街並みを歩く。

スキップでもしたい気分、ホント単純なものだ。