「青い日々」

50歳からの多幸感あふれる、幸せな生活

奥歯を抜く(第2ラウンド)


20年ぶりに満を持して歯医者に赴くも、歯の根っこが地中深くに埋もれており中断。先日、第2ラウンドを実施してきた。

機材など、それなりの準備をしてくれていた様で20分ぐらいで無事終了。抜いた歯を見せてもらったが、けっこう大きな根っこだった。永久歯に入れ替わってだから50年近く一緒に過ごした奥歯ちゃん。もう感謝しかない。

最近は歯ぐきが痩せてきたと感じていたところなので、そのうち他の歯もボロボロ抜けてしまうのではないか。そんな恐怖を感じていた。

しかし、先生によると、全体的に頑丈に生えているので当面大丈夫とのこと。虫歯にもなりにくいのではと言われた。なんか嬉しい、それを聞いてほっとした。

ただ、その反面、歯医者に来ないので歯石やら汚れやらが目立つから、ここでしっかりメンテナンスしましょうということになった。

後日、抜歯に伺うと、キャンセルが出たのでこのままクリーニングしませんかと言われ、その後何も予定がなかったので実施してもらった。なんと1時間強、若い女医さんに格闘いただく。

終わって見せてもらうと、あらキレイ。確かにタバコも吸わないのに歯が茶色く汚れていたりずっと気にはなっていた。ツルピカになり、なんでもっと早くやらなかったのかなーと思う次第。

ところが先生によると、歯ぐきの中にも歯石がうずもれており、これも除去したほうが良いとのこと。なんと6回に分けて麻酔をかけて実施するそうだ。なんと各回1時間コース。

はー、大変なことだ。でもこれからのことを考えると、ここでしっかり対応してもらうしかない。もう覚悟を決めたのだ。歯石除去の6回コースを終えたころには抜歯した後の歯ぐきも良くなっているので、次の治療を行いましょうとのことだった。

最近、仕事で会う人、特に60を越えた人は歯の治療の話をよくしていることを思いだした。なるほどなーこういうことなんだな、僕も立派なおじさんの仲間入りだ。こうして健康話に花を咲かせる高齢者になるのだろう、なんて、全体ならないから!そう思う日々だ。