「青い日々」

多幸感あふれる、幸せな生活

ドーピング

 

f:id:Blue-J:20210828171300p:plain



電車が会社に近づくと、イヤホンを耳にはめる。
AppleのAirPodsPro。
一瞬の静寂が訪れたあと、お気に入りの音楽を鳴らす。

 

 
最近のお気に入りはA夏目、「東京の冬」という曲を選択する。
この人、どんな人なのかさっぱり知らないけど曲は最高だ。
この曲を聞くとココロが浮足立つ、気持ちが軽やかになる。
自分の体とココロにドーピングして会社に向かう。

 

 
こうして景気をつけて、嫌いな仕事、会社での一日をやり過ごす。
会社が終わると一目散に家へと帰り、冷蔵庫の扉を開ける。
キンキンに冷えたビールを取り出し、のどに注ぎ込む。
ピハー。
こうやって、体とココロにご褒美を与える。
そんな毎日を送っている。

 

 
休日になると、何か買うものを探している自分がいる。
何やら欲しいものを見つけては悦に入り、買う理由を探し始める。
手に入れると体とココロが満足感で満たされる。

 

 
あれっ?
僕の毎日、こんな毎日だけどいいのかな?

 

 
なんか不安になってきたので、部屋にあるBoseのSoundLink Revolve+ IIで、変態紳士クラブの「すきにやる」という曲をかける。
今日は休日。
こんな日にもドーピングが必要になっているようだ。

 

 
「歩幅を人に合わせたくない」
「お前の人生好きにやれ」
そんな歌詞が流れて来る。

 

 
最近のAppleMusicは便利だ、カラオケみたいにスマホに歌詞が表示される。
こうやって世の中はドンドン便利になる。
いや違う、便利にしている人たちがいる、努力して実現している人たちがいる。

 

 
「歩幅を人に合わせたくない」
僕なんて歩幅だけでなく、歩くスピードや自分の立ち位置まで、人に合わせてばかり。
「お前の人生好きにやれ」

 

 
スニーカーを履いて外に出る。
まずは自分の歩幅で好き勝手に歩いてみる。
まずはやってみる、そして練習。

 

 
小さな一歩は大きな一歩。
ここは月ではなくて地球、それもありふれたいつもの道。
それでも僕にとっては大きな一歩かもしれない。

 

 
「お前の人生好きにやれ」
はい!