「青い日々」

多幸感あふれる、幸せな生活

天気雨

 

f:id:Blue-J:20210815161037p:plain



天気雨が好きだ。
思いがけず、こんな雨に遭遇すると幸せな気分になる。

 
突然のどしゃ降り、最近はよくあること。
頭の上には黒い雲、それでも空は明るく、向こうの方には青空も見えている。
陽が差し込むなか降る雨、その光景は美しい。
まるで天国じゃないか、そんなことを思う。

 
先日もクルマに乗っていたら、天気雨に遭遇した。
クルマの中からそんな奇跡のような光景を堪能する。
突然の雨に走り出す人たち。
雨宿りをしている親子連れ。
街の平凡な日常が突然、息をし始める、生きていることを思い出すように。
そんな姿をあちらこちらに感じる。

 
天気雨はすぐ止んでしまう。
だから、もっと楽しめばいいのに。

 
雨が上がると虹が見える、そんな時もある。
あの虹の真下はどんな風になっているのだろう、虹はどのように見えるのだろう。
虹を登る、誰でも一度は想像してみたことがあるはずだ。
あの虹の中に入ってしまうと世の中は虹色に見えるのだろうか。

 
雨が上がった。
しぶきをあげながらクルマが走る。
前から来るクルマは濡れていない、不思議なもんだ。

 
天然のシャワー。
そう思って、クルマを洗車した帰りであることを思い出す。
今日は奮発して手洗い洗車をお願いしたのだ。
僕にとってこんなことは日常茶飯事、いつものこと。

 
運が良いとか悪いとか、そんなことを考える。
良いに決まってるじゃないか。
どう捉えるかは自分次第。
天気雨に耀くピカピカの僕のクルマ、こんなに楽しいことはない。
そのために洗車をしたのだ。

 
僕は天気雨を愛している。
僕は運が良い、そう思う。