「青い日々」

多幸感あふれる、幸せな生活

飽きっぽいわけじゃない

ビーチ, ターン, ダンス, 日没, 愛, カップル, 愛する, ロマンチック, 幸せ, 恋愛中です

 
久しぶりにブログを更新している。
子供の頃から何ごとにも飽きっぽい性格。
おねだりしたプラモデル、たくさん買ってもらったけど完成した記憶がない。
 

昔からそうだ。
買った時点で満足してしまう。
今も変わらない。
奮発して買った服だってそう。
買っただけで満足してしまい、着てないものがたくさんある。

 
着るのがもったいない、とっておきの時に着ることにしよう。
こんな、しょうもないことを考えてしまう。
ようやく着る時はいつもセールで安くなった後。

 
果たしてこれは飽きっぽいというのだろうか?
根気がない?
いやいや執着心がないのかもしれない。

 
たぶん、目的を見誤っているのだろう。
洋服でも何でもいい。
欲しいもの、それを手に入れることで、なりたい自分になれると思う自分がいる。
それが、そもそもの大間違い。
買ったものは使い倒してこそ、自分のものになる。

 
でも、実はこんな人、意外と多い。
スニーカーマニア、箱に入れてそのまま、そっととっておく。
強者は同じものを二つ買い、ひとつは使い、ひとつはとっておくらしい。

 
こういう人はコレクターというのだろう。
家に使わないキャンプ用品が山ほどあるなんてのもよく聞く話。
僕らは幻想を求めて買い物をするのかもしれない。

 
人が羨むような、そんな何者かになりたい自分。
このグッズを使いこなせばそんな自分になれる。
だから手に入れてしまえばミッションコンプリート。
いつでも実行できる自分が完成する。
実行するかしないかは、もう、どうだっていい。

 
今日も懲りずにAmazonやZOZOで欲しいものを探している。
欲しいものを見つけることが目的になっている。
そう考えると、僕はこの行動をずっと飽きずに続けている。

 
そうかそうか、僕は飽きっぽいわけではなかったのだ。
根気がないわけでもなかったのだ。
だって、欲しいものを何十年も探し続けているのだもの。

 
欲しいものは何ですか
見つけにくいものですか
それより僕と踊りませんか

 
なるほどな、この歌はそういう意味だったのだね。
いまごろ分かった気がします。

 
まあ、まだ時間はある。
これから精いっぱい踊り続けようじゃありませんか。
きっと楽しい毎日がやってくる。