「青い日々」

多幸感あふれる、幸せな生活

自由は勝ち取り守り続けるもの、そんな時代がやって来た

https://cdn.pixabay.com/photo/2014/10/13/08/38/walkers-486583_1280.jpg

 

前回、「戦略」も「リーダーシップ」もないのに緊急事態宣言なんておかしい、それを国民も気がついてる。偉い人たちは何で気がつかないんだろ、もしかしたら、気がついているけど、気づかないふりして、敢えてしてるんじゃないだろうか。。。そんなことを書いた。

 

もしかしたら、そうかもしれない。そんなこと本気で思ってきた。

 

コロナウイルスは大変な脅威だから、命を守るのも経済を守るのも大変な状況。だから緊急事態を宣言して、国民が一致団結して外出自粛、ウイルスを封じ込まなければいけない。でも、みんな本音では緊急事態だと思ってないから、春先のような極端な自粛はしない。

 

だから、ウイルスが根絶できない。これは政治のせいじゃない、国民のせいだ、そしてそれを統制できない法律のせいだ。。。

 

もし、偉い人がそう考えていたら。。次に行うのは海外のように「ロックダウン」や「都市封鎖」、そして「国民一人一人の行動履歴管理」。。。守らなければ罰則を処す。

 

国民を強制的に管理できる権限を政府が持つこと、もしかしたら、これが目的なんじゃないの?

 

だから偉い人たちは、おバカなふりして「戦略」も「リーダーシップ」も示さず、大変だー大変だーというばかり、そんなふりして実はこんなこと考えてたりしてるんじゃないですかね。

 

頭のいい人たちだからね、やりかねないと思います。歴史は繰り返すっていうやつです。

 

お隣の大国だって、この機に確信犯的に国民を統制し始めてるよね。香港だってウイグルだって偉いことになってるけど、どの国も自分のとこが大変な状況だから、そんなことに構ってられない。

 

このような国に対抗していくためには、国が強制権をもって国民を管理、従属させていく必要がある、そんな「戦略」を描いているのかもしれません。恐ろしー。

 

日本は民主国家だから、人権が保障されてるから。。。そんな甘っちょろいこと考えてちゃいけなんだと思います。今は「有事」なんですから。

 

自由は与えられるものではない、一人一人が勝ち取り、守り続けなければならないもの。そんな時代がやって来たのかもしれません。