「青い日々」

多幸感あふれる、幸せな生活

稲垣栄洋さんに感服する ~シンガーソング・ライター・ダンサー~

f:id:Blue-J:20200708131131j:plain



新聞を読んでいたら、僕の敬愛する稲垣栄洋さんのインタビュー記事が出ていた。なるほど、こういうお顔なのか、なんか自分のやりたいこと一筋で生きてきた感を感じる、失礼ながら褒めてます。

 

「面白くて眠れなくなる植物学」「生き物の死にざま」特に後者はベストセラーになっているようなので、読んだ方も多いんじゃないでしょうか。ちょっと切ない物語調で生き物の生きざま、死にざまを表現している素敵な読み物です。

 

それにしてもこの人、植物だろうが動物だろうが、生きているものすべて、というか生命そのものが好きなんだろうね、その研究を貫き通している姿に感服します。

 

この人のすごいところが、文章力ですよね。難しいこともわかりやすく、面白く伝えることができる能力が大変高いと思います。加えて、先の「生き物の死にざま」です。物語も書ける表現力をお持ちになられたとは驚くばかりです。

 

自分で曲を書いて、詩も書き、自ら歌い踊る、シンガーソング・ライター・ダンサー(コピーライトby岡村ちゃん)ばりの表現者だと思います。

 

こういう方の書物を読むたびに、難しいことを難しく書くなんてたいしたことじゃなくて、難しいことを優しくわかりやすく楽しく読ませることが優れた仕事なんだと思いいたる次第です。

 

そんな文章が書けたらいいな、そう思いながら今日もパチパチ雑文を書いてる私なのでありました。失礼しました。