「青い日々」

多幸感あふれる、幸せな生活

免疫力を高める ~みんな一緒、相手も一緒~


「急に触らないでくれる、すぐ好きになっちゃうから」

 

テレビのバラエティ、ダレノガレ明美さんに腕をつかまれた芸人のせいやさんが、こんなこと言っていた。うーん、何かわかるなー。もしかしたら、モテない人にしかわからないかもしれない、でも実によくわかる、そういうことだ。

 

こういうのも免疫なんだろうな。モテた経験の多い人や、女の子と付き合った経験の多い人にとっては何でもないこと。経験によって免疫を持っているから。でもそうでない人にとっては、電気が走る、手を触れられただけでウイルスに侵されてしまう感じ、残念ながら僕にはよくわかります。

 

こう考えると免疫ってとっても大事なことかもしれない。だから免疫を得るためには経験を得る必要がある、それによって自分が変わる、より強い自分になる。経験なしに免疫だけをつけるなんて本来無理なこと。

 

猛威を振るう新型コロナウイルス、未知のウイルスだから誰も免疫を持っていない。僕らはウイルスに対抗できる免疫力を持たなければならない、そのために経験を積まなければならない。でも免疫をつける前に死んでしまっては元も子もない、だからワクチンを求める。

 

もちろん、モテるモテないと感染症とを一緒に考えてはいけない、だけど共通していることもある、免疫をつけることが自分を救う方法だってこと。

 

感染症だってワクチンに頼ってばかりではいけない。僕らは僕らの免疫力を高める必要がある、未知の攻撃にも備えられるように鍛えなければならない。

 

僕らは免疫力を高めるために色んな経験をしなければならない、でも全てができるわけではないから、本を読む、映画を見る、色んな人と色んな会話をする。そういうことだ。

 

僕らはモガキナガラ生きている、みんなで協力し合いながら生きている、もしかしたら新型コロナウイルス、奴らも同じかもしれない。

 

withコロナって、そういうことなんだろう。そう理解できるとできないとでは大きく違う。自分のことも相手のことも、僕らはもっともっと知らなければならない、そういうことなんじゃないかと思う。

 

芸人のせいやさん、単にモテ免疫を持っていない人だと思っていたら、オンラインでわいせつ行為してたとかなんとか。彼なりの免疫力を高める手段だったのかもしれないけど、手段と経験は選ばなきゃね、そう思う。