「青い日々」

多幸感あふれる、幸せな生活

地震はいつかやって来る ~野性を磨きましょう~

f:id:Blue-J:20200619173255j:plain



おっきな地震が来るかもしれない、そんなことがあちこちで言われてます。確かに最近多い、なんか日本中のあちこちで震度4くらいの地震が起きているような気がする。

 

なんか三浦半島で広範囲に異臭騒ぎがあったなんてニュースもあった。地中がうごめいていて、それが土や泥を動かして異臭を発生させている、阪神淡路の前にも関東大震災の前にもそんなことがあったなんて言われている。

 

思い起こせば子供のころから、近いうちに東海地震がやって来ると言われていたけど、まだ来てない。それどころかいつの間にか、東海地震という名前すら聞かなくなった、南海トラフとか、首都直下型とか、そんな風に言われている。

 

いつも地震が来た時に思うことがある、揺れ始めたとき、とうとう来た、来てしまったんだ、これは大地震に違いないってね、でもそう思ってる中で揺れは段々収まり、違った、よかった、そんなことを思う。そんなことの繰り返しだ。

 

でもいつかやって来るんだろうね。それが今日なのか、明日なのか、わからない。でも僕らだって昨日までの僕らではない。関東大震災のころの僕らではない。だから油断しちゃだめだけど、必要以上に恐れることなく準備しておくことが大事、それに尽きるんだろう。

 

6月のはじめ、駅から緑道を歩いて帰る途中、なにやら足もとに黒光りするものが。。。何かと思ってよく見ると、それはそれは美しいノコギリクワガタちゃんでした。

 

何でこの時期にノコギリクワガタちゃんがココにいるのでしょう。しかもなんか弱弱しい動き。季節間違えて、土の中から出てきちゃったのかしら。道の端っこの草場に逃がしてあげましたが、不思議だよね、この時期に。やっぱり地中で何か起きているのかも。

 

もしかしたら、僕らも耳を澄まして集中してみると何かに気づくかも知れません。よく大地震の前には動物がいつもと違った行動をするなんて言うものね。僕らもこの地球に住む一員なのだから、きっと何か感じ取れることがあるのでしょう。

 

気づき感じる、いつも思ってることだけど、何のために気づき感じるのか、一番大切なのは生きるため、そんな野性がまだ残っているのか、そんなこと思う今日この頃なのでした。