「青い日々」

多幸感あふれる、幸せな生活

お多幸な映画 〜「人生の特等席」クリント・イーストウッド〜

f:id:Blue-J:20191009100743j:plain

 

久しぶりに映画を見た。クリント・イーストウッド主演「人生の特等席(Trouble with the Curve)」。古くてすみません。しかし邦題と原題、なんでこんなにも違うのかね、でも「カーブの問題」じゃ確かに伝わらないね、きっと「カーブ」にも色んな意味があるのだろうけど。

 

やっぱりイーストウッドおじさんはいいね、メジャーリーグのスカウトの話なんだけど、一途で頑固で不器用で、娘ともうまくコミュニケーションできない。日本でいったら高倉健さんだろうか、健さんはこんな饒舌にはしゃべらないだろうけど、「不器用ですから」でおしまい、そこはお国の違いね。

 

ストーリはちょっと出来すぎていて、あまりのハッピーエンドっぷりにビックリだったけど、やっぱり映画はこうじゃなきゃね、と思いました。見終わって清々しい気持ちになる。

 

印象的なシーンは、イーストウッド演じるガスの娘ミッキーと、元メジャーリーガーのジョニー、深夜の誰もいない湖に一緒に飛び込むところ。美しい、とても美しい。普通のキスシーンより、ラブシーンより数千倍心に響きます。なんか見ていて気持ちが高ぶります。こういう演出が映画の最大の良さなんだろうなー。

 

映画って全体の作りやストーリーももちろん大事だと思うけど、印象に残るシーンやセリフがあるか、というか見ている人の心に響くかが大事で、それがその映画の価値を決定づけるものになるんだと思う。

 

だから僕はこれまで見た映画でも結構ストーリーは忘れちゃってるんだけど、心に響くシーンやセリフだけは忘れられない。でもそれでいいんだと思う。そのひとつシーンが僕や僕らの人生に彩りを加え、インスパイアしてくれているんだと思うから。

 

ということで、最近は映画って全然見ていなかったけど、やっぱりいいもんだね。これから時間のある時にもっと見てみよっと。こんな映画を見た次の日は気持ちいいや。さあ、僕らもお多幸な人生を歩みましょう。

 

 「Book」

 

  久しぶりに映画を見たんだ

  年の離れた恋人たち

  ベッドで本を朗読する

 

  年上の彼女は

  真剣な眼差しで

  泣いたり笑ったり

 

  本を読んでもらったことなんて

  いつのことだろう

  本を読んであげたのも

 

  よく考えたら

  本も読んでない

  いや何もしていない

 

  僕は本屋さんに行き

  一冊の本を買ってきた

  そして一人部屋で

 

  声に出して読んでみた

  ひとりで

  ささやくような声で

 

  僕は誰に向かって読んでいるのか

  僕は誰かのために読みたかった

  誰かのための僕になりたかった

 

  本を読んでる僕は僕ではなくて

  誰かのための僕であって

  その本もその誰かのものになっていた

 

  僕もいつか

  本を書いてみたい

  その本は誰のための本だろう

 

  誰かに読まれる本でありたい

  誰かのための本でありたい

  誰かのための僕でありたい